【村田流勝利の方程式】 | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2019年 7月 16日 【村田流勝利の方程式】

こんにちは

早稲田大学文化構想学部2年

冨森悠太です

早速ですが

 

先日行われたボクシングの試合

WBAミドル級世界タイトルマッチ

村田諒太vsロブ・ブラント

この試合を観た人いますか?

先週の金曜日に行われたこの試合

僕はテレビで観ていました

村田選手の見事な2R TKO勝利!

圧巻の試合運びでしたね

さて今日は

そんな村田選手から学ぶ

勝利の方程式

についてお話していこうと思います

(あっ、一番伝えたい事は過去問演習をバリバリやろうね❕って事です💦)

 

実はロブ・ブラント

村田選手が

9か月前に完敗した相手なんです

それはもうボコボコにされ

顔の形も変わっちゃう位完敗でした

 

ではなぜ

村田選手は

最高のカムバックを果たせたのでしょうか?

 

理由は簡単です

 

勝利=モチベーション×対策

 

という勝利の方程式を

彼が導き出していたからです

勝利とはもちろん

ブラントとのリマッチを制する事です

また、

この試合に際して行われたインタビューで

「もし明日死ぬとして、

(ブラントに敗戦した)あの試合が

最後でよかったのかどうか。

自分自身に問いかけたら、

その答えはNO。

だからやると決めた」

負けた悔しさを

大きなモチベーションに変えました

そして

敗戦を喫してから

再戦までの9か月間

彼はブラント対策を

ずっと行ってきたそうです

試合直前の公開練習に

姿をあらわした彼の姿は

いつになく逞しく

減量の影響を感じさせない

最高のコンディションに

仕上がっていたそうです

 

勝利を手にするために

悔しい敗戦を糧に

入念に準備をしたから

手にした勝利だったのです

 

さあ、

受験生の皆さんも

この勝利の方程式に

自分を当てはめてみましょう

勝利=第一志望合格ですね

モチベーションは

東進が常に大事にしている

当てはまりますね

なぜ大学に行くのか?

大学を卒業してどうしたいのか?

志を持つ事が重要なのは

自らのモチベーションを上げるためにあったんです

最後に対策ですが、、、

過去問演習

まさしくこれが当たるんじゃないでしょうか

モチベーションに関しては

人それぞれ違いがあると思いますが

対策、つまり過去問演習は

皆さん一様に

今すぐにでも取り掛かる事が

出来るんじゃないでしょうか?

村田選手の様に対策期間を

9か月も確保する事は

今となっては不可能ですが

今から始めれば6か月、7か月

これくらいは確保できるんじゃないでしょうか

 

村田流勝利の方程式のおさらいです

勝利=モチベーション×対策

即ち

第一志望合格=志×過去問演習

あれ、、、

これに似た勝利の方程式

どこかで目にした事があるような。。。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました

 

 

明日の更新者は

西村担任助手!

周とは高校が同じなんですが

未だに僕の名前の漢字を覚えてもらえません

〇冨森

×富森

だよ!覚えてくれ(笑)

明日もお楽しみに!


部活も引退が近づき

受験について考え出してきた・・・

そんな高校3年生のみなさん

東進では部活生特別招待講習というものをやっています!

この招待講習で受験の準備をしてみませんか?

↓↓↓気になった方は下のバナーをクリックしてみてください↓↓↓

 


 

受験について全然知らない……

質問相談等なんでも受付中!

誠心誠意 
お応えします!

お気軽にお越しください!

 

↓↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓↓