【転ばぬ先の杖】 | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2019年 8月 17日 【転ばぬ先の杖】


こんにちは

早稲田大学文化構想学部2年

冨森悠太です

最近

外ムッチャいっすね

そして

室内ムッチャ寒いっすね

街中歩くと日差し&照り返しで

早く屋内入りたーいって思うけど

屋内入ったら、それはそれで

冷房ガンガンで風邪ひきそうです

世の中ちょうど良いが一番ですな

 

さて本題に入りましょう

今日は【転ばぬ先の杖】

って事で1つ僕の近況報告をしようと思います

つい先日

やっと

やっと

自動車免許を取りました

(拍手っ!)

まあ正直

僕が免許取ったなんて

皆さんに関係ないけどね

僕は色々な理由で

教習所に通いだしてから

かれこれ1年かけて

免許を取りました

(主に怠惰が原因なんですが。。。)

何はともあれ

やっとこさ合格したので

免許証を発行するのが

とても待ち遠しかったです

 

こっからちょいと悲劇が僕を待ち受けていました

 

いざ免許証を発行するため

朝8時半に免許センターにいきました

免許センターには

証明写真を持ってくるようにと

事前に知らせを受けていたので

それが免許証の証明写真になるのかなぁ

そんなことを考えながら

後々恥をかかないように

ばっちりキメた写真を持参しました

しかし

いざ免許センターに行ってみると

係りの人が

「証明写真撮るので並んでくださ~い」

と言ってました

えっ⁉

持参した写真は⁉

朝早かったから髪ボサボサなんだか…

と、まあ、

結局僕の免許証はボサボサ頭の

寝不足顔が印刷されてしまったわけです

 

はい

こんな話はくだらない思い出話なのですが

1つ教訓を学んだわけです

それが

「転ばぬ先の杖」

ってわけです

 

自分でいうのも何ですが

僕はこういった事を十分に行う

石橋をたたいて渡る

慎重派の人間のつもりでした

それでも

想像していたこと

想定していたこと

その範囲外の事は常に起きるものです

だからこそ

そんな時にも十分に対応できるように

しっかりと準備を怠らない事

すごい大事だと改めて感じました

(今回でいえば、身だしなみをしっかり整える)

(すっごい当たり前の事でした。恥ずかしい)

でもこれ、勉強に置き換えた時

実は難しいのではないかなって思います

疲労、集中力が切れたり

色々な肉体的心理的原因から

後1問、もう1単語

復習しきれていない

自分に妥協してしまう

そんなことはないでしょうか

8/25に

ある意味夏休みの成果が問われる

センター模試があります

そこに向けて

想定外が起きても対処できるように

今からでも

しっかりと準備をしましょう

全ては

年明けの本番のためです

 

それでは

僕で何回目ですかね

大学紹介です

僕は早稲田大学に通ってます

といっても

文化構想学部は

あのカッコいい早稲田キャンパス(本キャン)

ではなく

病院みたいな戸山キャンパス(文キャン)

にあります

ので、僕は文キャンについて話します

本キャンは梅本と杉本に聞いてください

文キャンの第一印象は

女子の数が以上に多い事

女子が皆キラキラしている

男子の半分は本がお友達

こんなとこですかね

いわゆるキラ女ってゆーんですかね

イケイケな人がたくさんいます

皆キレイなので楽しいっすよ

その分

男の子連中の半数近くは

それに気圧され

控えめな感じになってますね

さて、

実際に2年通っての印象は

個性が強すぎ

感性が豊かすぎる

とにかく頭が良すぎ且つ思想が尖ってる

文学や、映像メディアを専攻する学生が多く

その分物事への感性が鋭い人が多い気がします

だからこそ過激な発言もチラホラあり

冷や冷やしますが

同年代でも尊敬できる人が多いです

文章に起こして語れるのは

ここらへんでしょうか

もっと踏み込んだ話や

授業の雰囲気を知りたい方は

是非冨森に声をかけてみてください

 

最後まで読んでいただきありがとうございます

明日の更新者は

木下担任助手

一昨日かな

2人で映画2本連続で観てきました

どう考えてもおかしいよねw

まあ、

映画の内容は最高だったからいいけど

明日もお楽しみに


受験について全然知らない……

質問相談等なんでも受付中!

誠心誠意 
お応えします!

お気軽にお越しください!

 

↓↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓↓