【1位】 | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2020年 2月 3日 【1位】

 

大学でのテストを終え

 

ついに大学生活の半分を

 

終えてしまった

 

 です!

 

 

大学入ってからの二年間は

 

本当にあっという間でしたね

 

 

今振り返ると

 

時間を無駄にしてしまったなあと

 

反省するばかり…

 

 

それでももちろん色々なことを

 

学び吸収できたとも感じています。

 

 

よく言われますが

 

大学生活って

 

何でもできるなと

 

つくづく思います

 

これは本当に冗談抜きで

 

そうだと思います

 

 

ただ多くの学生は

 

その「何でも」を

 

考えようともせずに

 

時間を過ごしてしまっているように

 

感じます

 

(自分とか特に…^^;)

 

 

これから大学生になるであろう

 

受験生の皆さんは

 

大学生活で自分は

 

「何をしたいのか」

 

というところを

 

改めて考えてみると

 

良いかもしれませんね!

 

 

僕も残り大学生活半分は

 

「自分のやりたいこと」

 

を突き詰めていこうと思います!

 

まずは春休みTOEICの対策を

 

しようかな…(・∀・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ余談はここまでに

 

本題の方へ移っていきたいと

 

思います!

 

 

 

本日お話しすることは

 

 

「1位にこだわる」

 

 

ということです。

 

 

皆さんは今

 

本気で一位を目指していることは

 

ありますか?

 

何でもいいです

 

部活や趣味

 

もちろん勉強でも

 

何かありますか?

 

 

 

「模試で一位を取ろう!」

 

「部活で全国で一位を取ろう!」

 

 

そう誰かに言われたとしたら

 

皆さんはどう思いますか?

 

 

 

多くの人は

 

「そんなの無理に決まってるよ」

 

「不可能だ」

 

 

そんなふうに考えるのでは

 

ないでしょうか?

 

 

 

では

 

どうして不可能だと

 

思ってしまうのでしょうか。

 

 

「そりゃ全国にはもっとすごい奴らがいるから」

 

「〇〇はレベルが違う」

 

 

だから自分が

 

一番になることは不可能

 

果たしてそれが本当の理由でしょうか

 

 

僕が思う

 

不可能だと思ってしまう理由

 

それは

 

 

「本気で頑張っていない

 

もしくは

 

怠けている

 

自分を知っているから」

 

ではないでしょうか。

 

携帯ばかりいじって

 

サボっていたり

 

明日からやろうと

 

YouTubeを見てしまっていたり

 

そんな自分の姿を

 

一瞬でも思い浮かべてしまったからでは

 

ないでしょうか。

 

 

 

 

一位を取っている人を見て

 

あいつは天才

 

それで片付けてしまってはいませんか

 

 

 

社会に出たら

 

皆さんは自分よりも

 

年上の人であったり

 

経験値が段違いの人

 

と競っていかなければいけません

 

しかし

 

今の高校生活において

 

競う相手は

 

あくまで同年代の人です

 

身体の大きさ

 

脳みその大きさ

 

人生経験

 

物事の考え方

 

大きく変わらないでしょう

 

 

じゃあなぜ

 

差が生まれるの

 

なんで一位の人間は

 

あそこまで優れているの

 

 

はっきりと言えます

 

それは

 

 

 

努力の差

 

 

です。

 

これに尽きます

 

 

 

あなたが携帯をいじっている間に

 

一位の人間は

 

必死こいて努力しているんです

 

 

 

元の話に戻りますが

 

「一位を取ろう」

 

と言われ

 

「そんなの不可能だ」

 

と思ってしまう

 

 

もうこの時点で無意識的に

 

負け癖がついてしまっている

 

 

 

自分自身で

 

将来の可能性を

 

消してしまっているんです

 

 

 

ここで世界のトップで活躍している

 

ソフトバンクの孫正義会長の

 

話を紹介します。

 

 

 

「わしは小学校一年生ぐらいから

ずっと一位を取り続けている。

一位じゃないと気持ちが悪い。」

 

「事を為すというのに

2番、3番ましたは

4番、5番でうろちょろしていて

事を為せるなんて

世の中はそんなに甘くない」

 

「負け癖がついていると

大きな事を為す

志を高く持って、高くやり遂げていく

そういう気概が起きなくなる。」

 

 

 

こう仰っています。

 

 

 

今や日本でトップの会社を

 

作り上げた孫会長

 

日本では一番といっても

 

過言ではないほどの

 

人物であるにもかかわらず

 

いまだに

 

一位にこだわる続けているんです

 

 

 

だからこそ

 

みんさんにも

 

「1位」にこだわって行動して欲しいなと

 

思います。

 

 

興味のない分野まで

 

1位になれとは言いません

 

それでも

 

自分がこれなら

 

戦える

 

これで戦いたい

 

そう思ったものに関しては

 

決して

 

2位や3位に甘んじる事なく

 

頂点を目指して欲しいです。

 

 

 

 

 

最後まで読んでくれて

 

ありがとうございました!

 

 

 

さあ

 

明日の更新者は…

千葉日のレジェンドこと

 

杉本剛担任助手だああああ

 

 

何回もこの話しますが

 

僕も千葉日出身なんです

 

それで実は

 

東進に生徒として通っていた時から

 

知り合いだったんです

 

ただ僕が高三の時の

 

彼の印象は

 

「めちゃくちゃに

 

ガンつけてくる奴」

 

でした笑

 

(怒らないでごめん笑)

 

今は

 

そんなこと思っていませんよ

 

うん。

 

はい!笑

 

明日の更新もお楽しみにヽ(;▽;)ノ

 


 

津田沼校に

渡辺勝彦先生が来校!

おもしろくてわかりやすい

特別授業を受けて

新学年へのスタートダッシュを

切ってみませんか??

詳しくは下の画像をクリック!

 


 

受験について全然知らない……

質問相談等なんでも受付中!

誠心誠意

お応えします!

お気軽にお越しください!

 

↓↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓↓