【30日間チャレンジ】 | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2020年 2月 1日 【30日間チャレンジ】

こんにちは!

 

津田塾大学英語英文学科

山本祐希奈

です!

 

 

遅くなりましたが

 

受験生のみんな

 

センター試験

 

おつかれさま!

 

 

結果をみて

 

いろんな思いを抱いていると思いますが

 

ここからの切り替え

 

大事です!

 

常に前を向こう!!

 

 

 

 

ちなみに

 

昨日のまこのブログで

 

についての話がありましたね

 

 

実は

 

この前の

 

大学の英語のリスニングの授業のテストで

 

問題として出された音源が

 

私が受験期に聞きまくっていた

 

tedのスピーチでした(笑)

 

本当に運が良すぎましたね…

 

 

 

受験期がなつかしいなと思った私は

 

久しぶりにtedのスピーチを

 

いくつか聴きました

 

その中の一つについて

 

今回は書こうと思います

 

 

まず説明が遅れましたね

 

tedというのは

 

「広める価値のあるアイデア」を

 

スローガンとして

 

無料で動画を配信している

 

アメリカの組織です

 

科学技術や環境問題、人類学など

 

様々な分野のスピーチがあります!

 

 

今回紹介するのは

 

『マット・カッツの30日間チャレンジ』

 

です

 

その内容を要約すると

 

 

 

マット・カッツは人生がつまらなくなってきたと思い、何か新しいことや自分にプラスしたいことをを30日間試そうとする

実際やってみると、30日間というのは新しい習慣を身につけたり、悪い習慣を止めるのに適切な期間ということを知る

 

〜マット・カッツが学んだこと〜

・知らないうちに1ヶ月が過ぎるのではなく、一日一日がずっと記憶に残るようになる

・より難しい『30日間チャレンジ』をすることで、自分に自信がつく

・小さな継続できる「変化」、毎日続けられることをすれば、身につきやすい

 

〜結局マット・カッツは何を言いたいのか?〜

「30日間というのは、好きでも嫌いでも進んでいく。だから、あなたがこれまでずっとやってみたいと思っていたことをやってみませんか?30日間で。」

 

 

 

 

まとめるとこんな感じになりますが

 

動画をみた方が理解できると思います(笑)

 

ちなみにこの動画

約3分なのでぜひ見て欲しいです!

 

 

 

 

私がなぜこの動画を皆さんに

 

紹介したのかというと

 

 

立てた目標を達成して欲しいから

 

 

です!

 

 

目標を立てても

 

 

三日坊主になってしまったり

 

途中で諦めてしまったり

 

 

していませんか?

 

 

せっかく立てた目標なのに

 

 

もったいなくないですか?

 

 

当てはまる人、少なくないはず。

 

というのも私もその1人です…

 

 

 

東進でも

 

立派な目標を立てている生徒が

 

たくさんいます

 

 

でも

 

達成できていますか?

 

 

大学受験のために勉強している

 

みんななら

 

目標を立てる機会がたくさんあるはずです

 

 

マット・カッツのように

 

 

小さな目標を立てて

 

30日間チャレンジしてみませんか?

 

 

それができたら

 

大きな目標も達成できるはず!

 

 

私も目標は決めていませんが

 

30日間チャレンジを

 

やってみたいと思います(笑)

 

 

一緒に頑張ろう!

 

 

 

 

最後まで読んでいただき

 

ありがとうございました❄️

 

 

 

 

明日の更新者は~

 

 

健世!

 

この前校舎にいたら

 

「健世さんの目って

 

田中圭の目より輝いてる!」

 

という声が聞こえました

 

きっと本人も喜んでいるはず(笑)

 

 

そんなキラキラおめめの彼は

 

どんなブログを書くのか!

 

明日も楽しみですね!

 

 

 

 

 

津田沼校に

渡辺勝彦先生が来校!

おもしろくてわかりやすい

特別授業を受けて

新学年へのスタートダッシュを

切ってみませんか??

詳しくは下の画像をクリック!

 


 

受験について全然知らない……

質問相談等なんでも受付中!

誠心誠意

お応えします!

お気軽にお越しください!

 

↓↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓↓