暗記の効率を上げよう! | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2018年 4月 19日 暗記の効率を上げよう!

こんにちは!

新しく担任助手になりました、

東邦大学付属東邦高校出身、

東京理科大学経営学部経営学科一年の岩瀬です。

 

東邦には中学入試で入学しました。

部活は中高ともハンドボール部に所属していて

大学でもハンドボールを続けていくつもりです。

得意科目は日本史古文で、

苦手科目は現代文でした。

勉強方法など、わからないことがあったらいつでも聞いてください。

趣味はピアノと食べること、、ですかね(笑)

自己紹介はこんな感じで、、

 

 

それでは本題に入ります!

 

突然ですがみなさん、

暗記科目得意ですか?

受験に暗記ってつきものだと思います。

例えば

英単語英熟語古文単語化学世界史日本史、etc…

では、これらを勉強している時

 

「一ヶ月も単語帳見てきたけど、まだ1/3も終わってない」

 

「始めた頃にやった単語や歴史用語全然覚えてない」

 

「一問一答が付箋だらけで全然覚えられない」

 

という経験をした人や

 

「そもそも苦手!」

 

という人も

少なくはないのではないでしょうか?

 

僕も低学年の頃そんな経験をしました…(泣)

 

しかし!

受験生になってからあることを心がけてから

暗記はある程度得意になりました。

今回はこの心がけについて書きたいと思います。

(参考までに聞いてください)

 

 

①暗記はなるべく夜寝る30分前にやる

中学受験の赤本のコラムに

掲載されていたことなのですが

脳は寝ている間に情報を整理するらしく、

寝る前に記憶することで

情報がより新鮮な状態で処理の過程に持ち込まれるので、

より定着しやすくなるそうです。

 

②論理的に覚える

宮嶋担任助手も以前ブログに書いていましたが

暗記は論理的に整理することで

効率的に覚えられます。

例えば!

日本史の年号も因果関係の整理することで

より覚えやすくなりますし、

英単語も成り立ちや

語根を覚えることで

忘れにくくなります。

 

③計画をたてて勉強する

単語帳などにありがちな「全然一周できない」

という事態は

ある一定の期間を設けて

一日にやる量を決めて、

集中してやることで確実に回避できます。

また、なるべく前日にやったものを

復習する時間を設けると

記憶に定着しやすくなります。

 

④声を出す

声を出すことによって

視覚と聴覚を同時に使うので

より印象に残りやすくなります。

また、暗記をやっていると眠くなってしまう

という人にも、この方法は目が覚めるので

オススメです!!!

 

⑤とにかくたくさん見る

頻繁に行く店の店員の顔を

覚えてしまうように、

人は多くの回数見たものに対して

強い印象を持つようになります。

だからこそ、単語帳や一問一答を何周も

することで覚えやすくなります。

 

⑥復習重視で!

どんなにたくさん覚えても

忘れてしまっては、

受験では太刀打ちできません!

①でも触れたように前日にやったものを

復習することはもちろん、

一度終わらせた単語帳や

完修した高マスも定期的に

復習しましょう!

 

 

 

以上のように暗記も工夫次第で

やりやすくなります!

 

僕の書いたことは

あくまで一つのやり方にすぎません。

みなさんも自分にあったやり方を見つけて、

ぜひ暗記を得意にしてみてください!

 

 

明日の更新者はこの人だ!

菅原麗未担任助手だぁぁぁぁぁぁあ

 

いつも笑顔だけど、

たまに冷静なツッコミをいれて

楽しませてくれる彼女

はどんなブログを書くのでしょうか

翌日に期待です!

 

 


 

何から始めたらいいのかさっぱり…
 
いつの間にか友達が予備校に入っていた!
 
受験について全然知らない……
 
質問相談等なんでも受付中!
 
  
誠心誠意 
お応えします!
 
お気軽にお越しください!
  
  
↓↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓↓