The clock is ticking. But… | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2018年 7月 30日 The clock is ticking. But…

大学受験ってどんな感じなのかな

この夏から少し初めてみようかな

そんな悩める子たちに

東進では

無料の夏期特別招待講習

絶賛受付中です!

お申込みはお早めに!

みんなの悩みを
一緒に解決します

詳しくは↑↑上の画像をクリック↑↑

 


こんにちは

担任助手2年の中村聖哉です

早稲田大学では

テスト期間が終わり

夏休みになりました!

Amazon Fire Stickっていう

Netflixとかをテレビで観れる

機械を買ったんですけど

家に引きこもりそうで

怖いです(笑)

外に出て

色んな人と関われるような

夏休みにできるよう

計画的

過ごしていきたいです、、、

 

さて

今回は

いくら焦っていても、、、

というテーマで

書いていきます!

先日

木下担任助手のブログで

衝撃の情報がありましたよね!?

↓↓まだ見ていない人はコチラ↓↓

木下開担任助手「40%」

受験本番まで

もうこんなに時間がないんだ(汗)

って思った人も

多いと思います

確かに

時間があるとは言えません

しかし

時間がないからと言って

焦りだけで

ひたすらに量をこなすだけ

では合格には近づけません

 

大事なのは

合格している自分

を想像し続けること

合格への軌跡を

イメージし続けることです

例えばいまこの瞬間

合格している自分

を想像できますか?

自分の一歩が

合格への一歩

となっていると

言い切れますか?

きっと

このブログを見ている

みんなの中には

過去の自分に後悔して

いまの自分が信じれなくて

将来の自分が想像できなくて

不安で

心配で

しょうがない人も

いると思います

 

それ故に

とにかく過去問をこなそう

いろんな教材をやろう

徹夜して勉強しよう

という考えに

至っているかもしれません

しかし

ただこなすだけ

で合格はつかめません

これは間違いありません

もし

ただこなすだけ

で全員が合格する

ならば

予備校は必要ありません

面談をせずに

勉強していた方が

いいはずです

しかし

現実にはそうではありません

受験生を

合格に近づけるために

予備校があります

担任助手がいます

みんなと一緒に

合格への軌跡を想像し

その道を

全速力で走り続ける

そのために

担任助手がいます

 

この時期

焦りが先行して

目先のことに

目がいきがちですが

合格している未来の自分

を見失わないでください

見失いないにそうなったら

いったん立ち止まって

すぐ

僕たち担任助手に

声を掛けてください

一緒に未来を想像しましょう

 

将来のイメージの鮮明度

これが

いまの自分に

正しい道を示します

自信を与えます

 

焦りがあるときこそ

落ち着いて

自分と向き合う

 

自分と向き合い

最善の策を選び出す

 

要するに

急がば回れ

 

回り道が恐いときは

相談に乗ります

一緒に

合格への

確かな道のりを

探し出しましょう!

 

さて

次回の更新者は、、、

宮嶋担任助手だ!!!

 

ひとりでタイ旅行に行く

その行動力ほんとに最高です!

やさしくて

頼りがいのある彼が

どんなブログを更新するのか

お楽しみに~~~