【たまには規模のでかい話をしてもいいじゃないかと思いまして。】 | 東進ハイスクール 津田沼校 大学受験の予備校・塾|千葉県 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2021年 2月 18日 【たまには規模のでかい話をしてもいいじゃないかと思いまして。】

 

みなさんこんにちは!

 

学習院大学経済学部3年

福井彩です!

 

いつもブログのタイトル長くしがちなので

校舎にあるブログ掲示板のタイトルを記入する

ホワイトボードに書ききれるか心配です。

(わからない人ごめんなさい。)

心配していると言いつつも

これもアイデンティティと思って短くはしません。

 

 

最近のブログは、

ラストスパートを迎える

受験学年のみなさんへの

熱いメッセージが多いですね!

 

昨日の玄介のブログも、

ラストスパートを迎えるみんなの

背中を押してくれるブログ

だったんじゃないかなと思います!

 

最後の紹介で大喜利がふられているけど

私はそういうときに面白いことを言う担当として生きてないし

公共の場ですべりたくないのでガンスルーします☺️

 

さて天邪鬼な私は

そんなブログの流れに乗らずに

受験のその先の人生の話

をしようかな~と思います(笑)

 

 

 

私は今3年生なので

です…!

 

就職活動では

色々な企業で働いている社会人の方に

お話しを伺う機会があります。

 

今日は、先日

とある社会人の方に聞いたお話

から話を始めます。

 

 

その方はある企業に勤めて

15年ほど経つ女性の社員さんです。

 

話の中で彼女自身が就職活動を

していたときのことを

話して下さいました。

 

15年前の就職活動のときは面接で

「結婚や出産はするつもりか?」

「するとしたら何歳くらいで?」

という質問がされて、

 

面接官から

「同じくらいの能力があるなら

女性より男性を取りたい。」

と言われたらしいです。

 

そしてそれは

ごく当たり前のことだったし、

言われた側もそれに対して

憤りを感じることなく、

「まあそうだよな~」

と思っていたと仰っていました。

 

 

もし今の時代に同じことが行われたら

間違いなく炎上するでしょうね(笑)

 

ちなみに今の時代に就職活動を行う中で、

少なくとも私はそのような発言を

耳にしたことはありません。

 

もちろん未だに、

もっと改善されたらいいなと思う

ところも多々ありますが、

多くの企業で「女性の働きやすさ」が

制度としても整ってきていて、

そういった考え方が

浸透してきているように感じます。

 

このブログを読んでくれている高校生のみんなが

就職活動をする頃にはきっと、

もっと老若男女が働きやすい環境になっているはず!!

 

 

さてさてこれ以上この話題を

深堀って具体的な話にいくと、

女性問題的な話で

ブログがおわってしまうので

話を抽象化します。

 

 

 

 

まず私が感じたのは、

常識って思ったよりも

早いスピードで

変わっているんだな~

ってことです。

 

 

もちろん大切にすべき

常識はあると思います。

 

けど案外早い速度で

変形している常識に囚われて

思考を縛る必要はありませんよね。

 

常識が変わる、一種の革命

きっかけになっているのは

多分、私達自身の

気づきの伝播や共感です。

 

 

みなさん、東進の

教育理念をご存知でしょうか。

 

独立自尊の社会・世界に貢献する

人財になる/育成する

 

 

さて、私は高校時代の2年間

生徒として東進ハイスクールに

お世話になりました。

 

担任助手としては

もう約3年間、

東進ハイスクールに

いることになります。

 

私は正直、自分自身が

社会・世界に貢献する

ということが

いまいちピンと来ていなかった

と言いますか、

 

自分というあまりにも小さい個

社会・世界という大きすぎる集団

 

直接的で相互で対等な関係性を

感じ取ることが難しかったんです。

 

私が社会に影響を与えたり

私が世界を変えるなんてことは

なんだか現実味がないように

感じました。

 

 

だけどそういう私の常識

少しずつ変化しています。

 

 

確かに現時点で私の発信は

社会や世界に大きな影響を

与えられるほどの

大きな力はありません。

 

だけど今後私が社会に出て

何か“気づき”を得て

声をあげてみたときに

賛同してくれる人が

一定数現れて仲間になれたら

会社(に限らず所属するある程度の規模の集団)

ナニカを変えられる力

生み出せるかもしれません。

 

そうすれば

その会社(集団)に起きた変化

賛同する別の会社(集団)

現れるかもしれません。

 

私みたいな

非力で小さい個にだって

そうやって

共感を拾って

伝播を生んでいくことで

いつの間にか

社会や世界に

そこそこ大きな影響

及ぼしたりすることが

できる、かもしれません。

 

 

だってきっと

今私達の周りにある

当たり前とか常識だって

多分こうやって

どこかのが持った

小さな気づき

ちょっとした違和感

共感を拾って

伝播を生んで

大きな革命を起こした

結果なんじゃないか、

と思うんです。

 

 

まあ正直、私は未だに

社会を大きく変えるような

デカいことがしたい!!

って強い思いはないです。

 

20年間生きてきて、

そこまで大きい規模の野望

抱いたことはありませんでした。

 

けど21年目にして、

就職活動をしている中で

初めてほんのちょっとだけ、

 

この社会のココって

なんか嫌だな、おかしいな。

世の中全体がこんな風に

変わっていったらいいのに。

 

とか

 

私が人生で出会うよりも

もっと沢山の数の人の

心動かすものを作り出してみたい。

 

みたいなことを

ちょっとだけ、

ちょっとだけね、

思ったりすることがありました。

 

 

 

そうしたらなんだか今まで

社会を大きく変えるような

デカいことがしたい!!

って思うことがなかったのは

 

私の生きてきた世界が

ひどく狭くて小さいもの

だったからなんじゃないか

って気がしちゃって。

 

 

だからいつか

それを心の底からんで、

大きい声でんでみて、

共感伝播を生み出して

世の中に革命を起こしたい

と思えるくらい

広い視野で生きられる

そんな大人になりたい

と思いました。

 

 

 

何のハナシだよ!

って怒らないでください(泣)

纏まらないけど纏めます。

 

 

みなさんの世界も、

私の世界も、

これからもっともっと

うーんと広くなります。

 

今、目の前にある試練を越えれば

きっと1周り世界は広がります

 

今の悩みはいつか振り返れば

なんてことない些細なことかも。

 

でも大切なのはそんなことより

今の自分にとってそれが

人生最大級の危機だってことで、

だからこそそれは

自分のレベルを1つ上げられる、

世界を広げられる、

踏み台にできるってことです。

 

ポイントは

今に必死になりつつ

未来を想像すること

です。

 

自分がこの先の人生で

やりたいことを

探し続けることです。

 

それはきっと

少しずつ見えてきて、

少しずつ形を変えて、

として私達を

支えてくれるはずです。

 

大きな夢を持つことも

高い志を持つことも

最初は難しいと感じる子も

いるかもしれないです。

 

だから個人的には

些細なトコロから始めてみて

自分の世界を広げながら

大きく高くしていければ

いいなと思うわけです。

 

そうして声をあげて

仲間を作って

大きな価値を

生み出して下さい。

 

 

東進ハイスクール津田沼校で

みなさんが沢山成長をして

その先の人生に進んでいって

社会・世界に貢献できる人財

になってくれる日を

願っています。

 

 

あれ、なんかお別れのブログ

みたいになってしまった…!

 

私はまだ津田沼校にいるよ!!(笑)

 

最後まで読んでくださって

ありがとうございました。

 

 

明日の更新者は

せりな~~~!!

 

私が大学1年生のとき

高校2年生だったせりなの

担当をしていました。

 

賑やかな女子グループだったので

最初はちょっとビビってたのは秘密です…(笑)

 

せりなはとにかく頑張り屋さん

受講も高マスもすっごく頑張っていて

それを見たグループの子たちが

刺激されて勉強量が増える

っていう、とにかく担当からしたら

有難い限りの生徒でした~(*^_^*)

 

低学年の頃からそうやって

しっかり努力していたから

志望校に合格できたんですね。

 

みんなも見習ってください!

 

明日もお楽しみに!!

 


 

 

受験について全然知らない……

質問相談等なんでも受付中!

 

誠心誠意

お応えします!

お気軽にお越しください!

 

↓↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓↓