過去問演習に住む魔物 | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2018年 7月 31日 過去問演習に住む魔物

 

大学受験ってどんな感じなのかな

この夏から少し初めてみようかな

そんな悩める子たちに

東進では

無料の夏期特別招待講習

絶賛受付中です!

お申込みはお早めに!

みんなの悩みを
一緒に解決します

詳しくは↑↑上の画像をクリック↑↑


 

 

お久しぶりです

 

法政大学2年

宮嶋 航大です!

 

僕もみんなに遅れること約1週間

夏休みを迎えました!

 

ちなみに僕の夏休みは

9月20日まであります(笑)

 

そしてなにより高校生の頃は

この暑さで毎日

野球をしていたとか信じられません(笑)

 

今年の夏休みも有意義に過ごしたいな

って思っている次第です

 

さて前置き長くなりましたが

本題へいきましょう

 

高校生3年生のみなさんは

 

「夏休みはセンター過去問演習!!」

 

そう決めて取り組んでる人

たくさんいるでしょう

 

でも気をつけてください。

 

過去問演習には魔物が住んでいます

本当に恐ろしい魔物です

 

その魔物の餌食になると

どれだけ毎日、何時間も過去問演習に

取り組んでも点数が伸びなくなります

 

それはなぜか

過去問演習はやるだけでは

点数は伸びないから

 

勘違いしてほしくないのが

過去問演習とはやることが目的ではなく

点数を伸ばす手段の1つであることです

 

例えば英語の過去問を解いてみて

100点くらいしか取れないのに

毎日演習をしても点数は伸びません

 

だって原因はインプットの段階に

あるですから

その場合やるべきことは

演習ではなく再び基礎基本の徹底ですね

単語 熟語 文法を覚え直すこと

から始めないといけません

 

例えば英語大問2が全然取れない

なぜ取れないのか?

そもそもの知識がないのであれば

文法書や高速マスターをやる必要が

あると思います

 

覚えてるけどわからない…

のであれば大問別をやって

アウトプットをする必要がありますよね

 

演習はただやるだけじゃ意味ないです!

がむしゃらに毎日解いて

点数に一喜一憂するのは

ただの自己満足

 

やった後の復習はもちろん

なぜ点が取れなかったのか

そもそも演習の段階まで到達できているのか

しっかりと考えよう!!

 

過去問演習の魔物を攻略して

夏休みを有意義に使えば

大幅点数アップも期待できますよ!!

 

勉強時間だけではなくて点数も伴った

充実した夏休みにしよう!!

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

 

明日の更新者は

 

岩瀬担任助手!!

 

実は高校、大学とずっと宮嶋と生活圏が

同じなんですよね(笑)

 

高校時代は

岩瀬は大久保駅にある東邦大学付属東邦高校

僕は隣駅の実籾駅にある習志野高校

 

大学生になってから

なんと同じ最寄り駅、飯田橋

法政と理科大はとても近いです(笑)

 

明日の更新もお楽しみに!