【初心忘るべからず】 | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2019年 8月 16日 【初心忘るべからず】

 

こんにちは☀️

 

津田塾大学学芸学部英語英文学科

山本祐希奈です!

 

昨日の西村担任助手の紹介で

めっちゃ褒められて嬉しいですが

私は

『東進のアイドル』では

ないと思います(笑)

 

最近、髪が長い人に憧れています🦋

思えば津田沼校の女子の担任助手って

私以外みんな髪長いですよね⁉︎

いろんなヘアアレンジができて羨ましいです…

とりあえず自分の髪がもっと伸びることを

願ってます(笑)

 

さて、今日は8月16日です

8月残り半分を切りました!

みなさんは計画通りに、思った通りに

勉強は進んでいますか?

ちゃんと進んでいる人もいれば

上手く進んでない人もいると思います

 

1年前の私は後者でした

私の場合、苦手だった数学国語

過去問の解き直しに時間がかかってしまい

計画通りに進めることができませんでした

 

実際、上手く進んでない人の方が多いと思います

 

上手く進まない原因は人それぞれです

そんなみなさんに私が伝えたいことが

『初心忘るべからず』

という言葉です

 

 

この『初心忘るべからず』という言葉を残した

室町時代の能楽の開祖・世阿弥

意図する意味は

実は私達が思う意味と

少し違うようです

 

世阿弥が言う『初心』というのは

新しい事態に直面した時の対処方法、

試練を乗り越えていく考え方

だそうです

 

つまり、『初心忘るべからず』とは

人生の試練の時にどうやって

その試練を乗り越えていったのか、

という経験を忘れるな

ということになります

 

そして、

『是非の初心忘るべからず』

『時々の初心忘るべからず』

『老後の初心忘るべからず』

に分かれていきます

 

その中で、私は

『是非の初心忘るべからず』

について書こうと思います

 

この言葉の意味は

若い時の失敗は、未経験による苦労によって

身につけた経験は

常に忘れてはならない。

それが、

後々の成功の糧になる。

ということです

 

みなさんも

受験勉強を通して

模試で悪い点数を取ってしまった

過去問が時間内に終わらなかった

なかなか目標点に到達できない

など

苦しいことをたくさん

経験してると思います

というか

苦い経験をしてない人なんて

いないから!!

 

でも

その経験は

自分の成功

つまり

第一志望校合格

に繋がっています

 

だから

この夏休みの勉強が

上手くいってなくても

落ち込まないで!

それは

第一志望校合格へ

近づいてるってことだから。

 

ちなみに

さっき書いた

3つの『初心忘るべからず』は

人生のステージに分けられています

残りの

『時々の初心忘るべからず』

『老後の初心忘るべからず』

大人になってからのステージです

ぜひ調べてみてね!

 

 

 

最初のブログにも書きましたが

私は津田沼校の担任助手で唯一

女子大に通っています!

 

私は津田塾大学に通っています

私も、この大学に通うことが決まった時

『女子だけだからちょっと怖いな…』

って思ってました(笑)

 

しかし

実際通ってみると違いました

とっても楽しいです!

自分の感覚でいうと

共学とあまり変わらない気がします

あと、女子しかいないので

安心感があり、

居心地がいいです😊

 

そして、私の通う

キャンパスは

小平キャンパスという

自然豊かな場所です🌱

ちなみにいうと

津田沼から約2時間かかります…(笑)

 

また、私の所属する

英語英文学科では

ひたすら英語を学びます📝

課題がとても多くて大変ですが

本気で英語を勉強したい!

という人にはオススメです🌸

 

そして

このブログを見ている女子のみなさん、

『女子大に通ったら彼氏できないじゃん…』

って思った人、いませんかね?(笑)

実は津田塾大学は

一橋大学との交流が盛んで

合同でやるサークル

(インターカレッジサークル)

がたくさんあります!

興味があれば調べてみてね🔍

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

明日の更新者は

 

冨森悠太担任助手だ!

とっても頼りになる先輩です!!

そんな冨森さんのブログも

見逃せない!

 

 

 

 

受験について全然知らない……
質問相談等なんでも受付中!
誠心誠意
お応えします!
お気軽にお越しください!

↓↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓↓