【大学生になるんだよ!可能性しかない。】 | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2020年 1月 22日 【大学生になるんだよ!可能性しかない。】

ごきげんよう✋

 

センター試験大変お疲れ様でした。

センター試験の日ってどうしていつも雪が降るのでしょうね。

1日目に応援に行かせていただいた会場前で単語帳片手に

やや緊張した面持ちの受験生たちを見て、去年の自分を思い出しました。

 

さて、最近のブログはなべて他の担任助手の方が受験生応援を旨とした内容で書いておられているので、

私もその流れに乗じてありきたりで不細工なメッセージを送ることは大変恐縮ということもこれあり、

やや異なる語りで書き進めて参ります。

 

 

 

 

調子に乗るなよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何をすべて終わった気で居やがる。

いつまで友達とセンターの振り返りをしてるんだよ。

「易化」・「難化」、

予備校の分析とのにらめっこ、まだしているの?

「ボーダーはやや超えているから抑えは大丈夫」、

全く都合の良い分析だな。

確度は?

これらは大学1年生が終わらんとする今、

あえて1年前のちょうどこの時期の自分に

強く投げかけたい言葉だ。

結論から言って、

私は第一志望の大学には受からなかった。

センター利用で合格した明治大学に進学することになる。

センター試験が終わり、肩の力が抜けてしまった。

センター利用で合格が得られているという安堵と

足切りは突破しているものの、

本命の国立を受けるにはどう考えても

ギャプがあることから生じる不安が交錯していた。

そんな心情から、気がつくと様々な受験サイトを読み漁っていた。

客観的なデータを主観的に分析。

今思えば、あのすべての時間が無駄だった。

電卓片手に様々な受験方式の傾斜配点の計算をした延数時間。

友達と喋り倒した数十時間。

無駄だった。

しかし、

あの当時、

そのことに気がつくことは不可能だった。

こうして俯瞰して語れるのは

今だからかもしれない。

あの時、サイトを読み漁り、分析をしたり、

友達と喋り倒したことで不安が紛れて

さらに失点するはずだったものが

あの程度でとどまったということだったのかもしれない。

いずれにせよ、

 

第一志望には届かなかった。

 

私は来年の今頃、

みなさんにこのような思いを抱いて欲しくない。

あの時があったから今、自分はこうして頑張れているんだ。

今度の受験をまさしくそのような原点にして欲しい。

 

 

どうかあと1ヶ月、やり切ってください。

あなたの足にかかっているのはあなた一人分の体重だけです。

ご両親や先生、友達など支えてくれた人は

あなたの上に乗っているのではなくて、

あなたを後ろからそっと押してくれる存在です。

あなた自身のためにあなただけの力で、

一人で道を切り開いてください。

 

あと少しだ。負けるな。

可能性しかない。

健闘を祈ります。

 

明日の更新者は

福井さや担任助手

だーーい

 

おもしろくて美しくて憧れる

キャリアウーマン

毎回ブログのクオリティが高すぎて

いつか本でも出すんちゃうかと思ってしまう

福井さんは

明日、

どんなブログを披露していただけるのでしょう??

大変楽しみで眠れません。

ご期待あれ!!

 

 

 

 

 

 

受験について全然知らない……
質問相談等なんでも受付中!
誠心誠意
お応えします!
お気軽にお越しください!
↓↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓↓

 

 

 

 

 

 


 

2月5日(水)に

津田沼校で

渡辺勝彦先生の

公開授業が開催されます!

英語が苦手…

勉強を始めるきっかけが欲しい!

そんな皆さん

公開授業に参加してみませんか?

詳しくは下の画像をクリック!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新記事一覧

過去の記事