【最後まで】 | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2019年 11月 14日 【最後まで】

 

こんにちわ

青山学院大学理工学部に通っている

大貫です

 

キャンパスの立地的に

柴山さんの方がパリピだと思うんですけどね笑

 

最近どんどん寒くなってきましたよね

一気に冬が来たなぁって感じます

受験生は体調管理もちゃんと

やらなきゃいけない事の一つなので

しっかり気を付けていきましょう!

 

 

ここからが本題なのですが

この時期って

受験生にとってはすごい難しい時期だと思います

10月の全統が終わって

成績が伸びてきて順調に感じている人

思う通りに成績が伸びず落ち込んでる人

受験本番が近づいてきて焦っている人

受付で生徒を見ていると

焦って危機感を強く感じている

そういう人が多いのかなと感じます

 

模試の直後の時期は特に

結果を見て一喜一憂する人が多いです

現に自分も模試後はいつも

やばいなぁとばかり思っていました

 

確かに模試を振り返る事は大切です

でも

極端な話をすると

いくら模試の結果がよくとも

本番で同じ実力が出せなければ意味はないし

逆に模試の結果がいくら悪くても

本番で結果が出せればいいわけです

模試の結果は1ミリも本番には反映されませんから

 

何が言いたいかっていうと

最後まであきらめないでほしい

ということが言いたいわけです

 

なにも諦めずに最後まで頑張れば

きっと何とかなるよ

的なことが言いたいんじゃないありません

教科にもよりますが

特にセンター試験の点数などは

短期間で爆発的に点数が上がる事があります

それは

今まで勉強してきた分が目に見える形に現れたのか

はたまた

詰め込んだ知識が功を奏すのか

それはわかりませんが

実際にそういうことはあります

 

一例として自分の経験を話すと

12月のセンターレベル模試から

自分は本番で英語が約40点上がったし

2週間ぐらいで詰め込んだ社会科目では

本番で8割とることができました

 

自分だけでなく

自分の周りにも

本番で自己最高点を出すことができた

そういう人は大勢いました

 

それを期待して勉強をすることは

良くないけど

でも必要以上に気を落とす必要はないと思います

 

大切なことは

自分の今の学力を

過小評価・過大評価することなく

冷静に何をするか見極め

最後までそれを続ける

 

もしも何をすればいいかわからないってなってしまったら

担任助手に聞いてみたり

今では単元・ジャンル別演習っていう

AIが自分の欠点を見つけてくれる

ツールもありますから

そういうのもガンガン使っていってください

 

最後まで一緒に頑張っていきましょう!

 

 

 

明日の更新は、

杉本剛担任助手!

 

いつもスマートな彼は

どんなことを書いてくれるのでしょか

明日も見逃せません!

 

 

 


 

共通テスト対策が不安…

数学がつまらなくてやる気が出ない…

そんな低学年の皆さんに朗報です!

なんと!!

あの有名講師・志田晶先生による生授業

津田沼校で開催されます!

しかも参加費は無料!!

このチャンスを見逃すな!

↓↓↓お申込みは下の画像をクリック↓↓↓


 

受験について全然知らない……

質問相談等なんでも受付中!

誠心誠意

お応えします!

お気軽にお越しください!

↓↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓↓