[記憶の保管者] | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2019年 11月 20日 [記憶の保管者]

 

こんにちは!!!速水愛佳です!!!

 

開さんの紹介にあったように

夏にカンボジアで住居建築ボランティアを

してきたわけですが

春にはベトナムに

お家を建てに行くことが決まりました!

現地での沢山の出会いが

今から楽しみです!

 

さて本題へ

文理関係なく、みなさんは

歴史の知識をどれだけ持っていますか?

 

受験で使わないからそんなに知らない

受験で使うから自信がある

いろんな人がいると思います

 

私は今年の夏、

ある虐殺博物館を訪れました

 

それまで私は

“負の歴史”を直接見たことが

ありませんでした

 

だから犠牲者の頭蓋骨や

虐殺の写真を見たとき

言葉を失いました

 

負の歴史って

日本史にも世界史にもあるのですが

今の日本にいる私たちには

なかなか想像が

つかないことなんですよね

 

実際に写真を見ても

現実感がなく

受け入れ難かったりします

 

その虐殺博物館を

私は音声ガイドを聴きながら

回ったのですが

その中で特に印象に残っている

言葉があります

 

現代を生きる私たちが

“記憶の保管者”になる

 

この言葉を聞いたとき

歴史って知らなきゃいけない

ことなんだと思いました

 

それまで私にとって歴史は

試験をパスする手段でしかなかった

と痛感させられました

 

“記憶の保管者”

歴史を知った人には

それを心に留めて

さらに人に伝えていかなきゃ

いけないんですね

 

二度と繰り返してはいけないからこそ

記憶の保管者が必要だし、

歴史を知ることって

そこにいる人々を知ることでも

あると私は思います

 

今、受験のために

歴史を頑張って勉強している人が

沢山いるけれど

それだけで終わらせてほしくないです

その先も記憶の保管者で

あり続けてください

 

私も記憶の保管者になれるように

もっと歴史を知っていこうと思います!

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

 

次回の更新者は

平川さん!

ゴープロも一眼レフも

持っている平川さん

カメラに関しては無敵ですね!

明日のブログが楽しみです!

 

受験について全然知らない……

質問相談等なんでも受付中!

誠心誠意

お応えします!

お気軽にお越しください!

↓↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓↓