【ある人に宛てたメッセージ】 | 東進ハイスクール津田沼校|千葉県

ブログ

2020年 2月 16日 【ある人に宛てたメッセージ】

 

 

 

 

みなさん、こんにちは!

津田沼校担任助手4年目の

廣居祐豊です!

 

残すところブログ更新も

あと1、2回になりました。

4年間書き続けているので、

書かないってなるのが少し怖いです。笑

 

さて、今日は

ある人に向けたメッセージを書きたいと思います。

 

 

今の自分は好き?

 

どんな自分が好き?

 

自分の理想像は?

 

何のために頑張っているの?

 

どうなりたくて頑張っているの?

 

自分が本当にやりたいことってなに?

 

今の環境に甘えていない?

 

4月になった時に

 

もっと頑張ればよかった

 

って思わない?

 

自分に限界を決めて諦めてない?

 

父さん、

 

母さんに

 

胸を張っていえる行動してる?

 

信じている人を裏切っていない?

 

今やるべきことはそれでいいの?

 

自分ができることってなに?

 

学生生活でやり残したことはない?

 

目の前の生徒と本気で向き合えてる?

 

生徒にとって、自分の価値ってなに?

 

生徒のために今できることってなに?

 

生徒のSOSに気づけている?

 

後輩にとって、自分の価値ってなに?

 

後輩にとって、何ができる?

 

自分に自信を持って、社会人になれる?

 

お分かりの方もいるとは

思いますが、これは全部、

自分へ宛てた言葉です。

 

僕は1日で100回以上は質問を

自分に投げかけています。

 

なぜ、こんなに質問するのか?

 

「自分に嘘はつけないから」

 

自分に質問を投げかけることで、

自分の正直な気持ちに気づけます。

 

「自分の気持ちには素直でいたい」

人がどうとか自分じゃ無理だと諦めるんじゃなくて、

自分が頑張りたいって思った気持ちを大切にしたい、

自分がこうなりたいって思ったら諦めたくない。

 

だから、

今の自分ができることが

最大限にやりたい!

 

いつもそう思ってます。

 

僕は大学受験を始めた時から

 

ずーーーーっと、

「MARCH(明青立法中)に行きたい」って

言ってました。

 

でも、入試が始まって、

結果が出たら、「不合格」の文字の連続でした。

1番対策した第1志望校も不合格でした。

その時は涙が止まらず、気持ちも折れました。

その翌日は

MARCH(明青立法中)に行ける

最後のチャンスの試験でした。

 

もう諦めようしていた僕に、泣いている僕に、

祖母が言いました。

 

「頑張ってたのすごい知ってるし、悔しい気持ちもわかる。よく頑張った。

でも、今はまだチャンスがあるんだから、最後までやらなきゃ。

もしダメで泣きたかったら、その時は一緒に泣いてあげるから」

 

泣くことなんて、悔しがることなんて、

後でもできる。

今、できることをやらなきゃ。

そう思えました。

自分が行きたいって言った気持ちを大切にしなきゃ。

そう思いました。

 

その翌日の試験の大学が

今、僕が通っている大学です。

 

受験生のみんな!!!

 

今、できることはまだあるんじゃないか?

 

全部終わって、悔しかったら泣きたかったら、

とことん付き合うから!

 

今は、

 

できることをやろう!!!

 

 

 

 

 

明日の更新者は…

 

 

 

 

長須賀担任助手!!!

 

津田沼校への愛が止まらないとよく言われるので

 

今日は少し違った紹介を!

 

一緒に働く前は少し心配でした。

生徒の延長線上で担任助手をやるんじゃないかなと

思っていたからです笑

でも、それは完全な偏見でした。

 

最初に働いた時、

礼儀正しく、物分かりが良い、

ONとOFFの使い分けができる子なんだなって、

しばらく働いていると、

どんな時でも生徒と真摯に向き合う姿がとても印象的で、

長須賀の生徒は幸せ者だなとか思ったりもします。

 

何を伝えたいのかわからない紹介でしたが、

人としての魅力が満載なことは

わかっていただけたと思います!

 

そんな彼女が書くブログをお楽しみに!!!

 

受験について全然知らない……

質問相談等なんでも受付中!

 

誠心誠意

お応えします!

お気軽にお越しください!

 

↓↓↓気になる方は下の画像をクリック↓↓↓